宮本・福田司法総合事務所TOPへ > 測量・調査 > 土地建物の測量と登記

建物表題登記

建物を新築したとき、または古くから建ってはいたもののこれまで登記されていなかった建物に初めてする登記です。

建物表題変更登記

建物を増築・減築したとき、建物の用途や種類を変更したときに行う登記です。

建物滅失登記

建物を取壊したときに登記記録を抹消する登記です。

その他の建物登記

建物区分登記:1棟の建物を区分して数個の建物(区分建物)とする登記です。
建物合併登記:数個ある建物登記を一つにまとめる登記です。
建物分割登記:附属建物がある建物登記を分割してそれぞれを一つの登記に分ける登記です。

土地分筆登記

土地の一部を分割して売買したい場合や相続によって土地を分ける必要がある場合に行う登記です。
※分筆登記をするためには、土地境界確定測量が行われていることが前提です。

土地地目変更登記

農地に新しく建物を建築した場合や建物を取壊して駐車場にした等、土地の利用状況が変わった場合に行う登記です。

土地地積更正登記

土地境界確定測量を行った結果、登記記録の地積と相違があった場合に、正しい地積へ更正する登記です。

その他の土地登記

土地表題登記:水路・里道・畦畔などの官有地(無番地)を払下げる時等に行う登記です。
土地合筆登記:数筆ある土地を合せて一つの土地にする登記です。

無料相談のお申込み・ご質問など パソコンからのお問合せ

ページの先頭へ戻る