宮本・福田司法総合事務所TOPへ > 許認可 > 農地転用

農地転用とは

農地の所有者が変わったり、農地を農地以外とする場合に行う手続きのことです。
農地転用には、そのパターンによって「3条・4条・5条」の3つの種類があります。

農地法3条許可

3条は「権利移動」に関するものです。
農地を農地のまま(耕作する目的で)売買・賃借・贈与・その他権利設定するための手続きです。

農地法4条許可

4条は「転用」に関するものです。
自己所有の農地を農業以外の別の目的で使うための手続きです。

農地法5条許可

5条は、3条の「権利移動」と4条の「転用」を同時に行うものです。
事業者等が農地を買って転売する場合や、農地を宅地にして子の家を建てる場合等があります。

当事務所には、司法書士、土地家屋調査士、行政書士が在籍しておりますので、 農地に関する手続において、契約書作成から農地転用、農地法許可申請、登記まで、トータルでサポートさせていただきます。

無料相談のお申込み・ご質問など パソコンからのお問合せ

ページの先頭へ戻る